その他

連載

コラムで丸わかり、不動産の基本を学ぶ、不動産コンサルタント畑中学、不動産の査定は「査定するため」には行かない?、顧客は営業マンを査定?、根拠説明や対応に厳しい視線

 不動産の査定には、不動産の価格を査定するために行くのではない。売却の依頼を取るために行くものだと思う。  ベテランなら当然のことでも、新人だとどうしても査定という言葉に目がいきやすい。そのため、不動産の価格を査定することに一生懸命となってしまい、肝心の顧客対応や顧客からの視線には対処できないことがある。  かくいう私も1人で最初に価格査定に行ったときには、不動産の価格を出すために部屋の状況や、使 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年6月6日