行政, 開発

その他

ワンルーム税に総務省が同意

 総務省はワンルームマンションの抑制を目的に、東京都豊島区が導入を目指す法定外普通税「狭小住戸集合住宅税(ワンルームマンション税)」に同意する方針を固めた。\n 豊島区は2カ月間の周知期間を経て、6月から同税を施行する方針。マンションを対象にした法定外税は全国でも初めてケース。\n 新税は、国が2人世帯の最低居住水準としている29平方メートルに満たない部屋1戸につき、50万円を建築主に課税する。た ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年4月8日