開発

その他

新日鉄興和解体ビルで防災訓練、屋内で消化器実放、煙内避難も

 新日鉄興和不動産は14日、解体予定の第28興和ビルを利用した防災訓練を行った。同社の所有・管理するビルのテナント企業や地元町会から40人以上が参加し、本物の消火器実放、煙が充満したオフィスビルからの避難などを訓練した。  参加者らは数人ずつの班に分かれて、消火器を実放、煙内避難、エレベーター閉じ込め、起震車体験、消火栓放水などを訓練。BCP備品などの説明を受けた。  一般的な粉末消火器は、室内で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月25日