開発

その他

プレゼンルームで“仮想内覧”、東京流通センター新B棟営業に活用

 三菱地所が建て替えを支援している東京流通センター(TRC、東京都大田区、多賀啓二社長)の「仮称・物流ビル新B棟」の竣工に先立ち、TRCはプレゼンテーションルームを開設した。  新B棟のリーシング営業の拠点として、施設の特徴を具体的にイメージできるよう、VR(仮想現実)技術を駆使した“バーチャル内覧”を実現する。保管倉庫にとどまらない活用法を提案することで、付加価値の創出を狙う。  プレゼンテーシ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月25日