その他

連載

取引紛争の事例と解決(215)、(一財)不動産適正取引推進機構、購入した土地の地盤が軟弱であることが判明、宅建業法と特定商取引法で契約を解除したい、クーリング・オフ適用、手付金の返還請求を認める

 宅建業者と宅建業者ではない売主の共有する土地を購入しましたが、宅建業法と特定商取引法に基づくクーリング・オフ制度により、売買契約を解除する意思表示をし、手付金の返還を求めています。(X氏、41歳、会社員)  【苦情の内容】  宅建業者であるY1と宅建業の免許は受けていないY2(不動産の賃貸などを業とする会社)は、土地を共同購入し、平成24年4月以降、3億3000万円で売り出していました。  Xは ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月25日