賃貸管理

その他

名古屋初の長期優良賃貸竣工、高松建設全戸ペアガラス使用、断熱材の厚さ6割増し

 賃貸住宅の建設などを手掛ける高松建設(大阪市淀川区、西出雅弘社長)はこのほど、名古屋市内の賃貸マンションで初となる長期優良住宅認定を取得した「IZUMI桜鈴館」(名古屋市東区、75戸)を竣工した。  全戸にペアガラスを採用し、断熱材の厚さを通常の約1.6倍にするなどした。同社として「ブライトロード西宮」(兵庫県西宮市、27戸)に次ぐ長期優良住宅認定物件。  地下鉄桜通線久屋大通駅徒歩3分の立地で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月25日