その他

連載

不動産投資家のための知って得する税金塾、117、広大地評価是認された裁決事例、開発に道路が必要かで判断

 前回、広大地評価が否認された事例を紹介した。今回は広大地評価が認められた裁決事例(平成23年5月9日)を紹介する。 【土地の概要】  ・幅員約7メートルの公道に接しており、間口距離が19.10メートル、奥行距離が27.83メートル、地積が528平方メートルであり、都市計画法上の開発許可を要する面積基準である500平方メートルを上回っている。  ・土地は主として戸建住宅の立ち並ぶ地域に所在し、その ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月25日