その他

連載

【ひと】日本地主家主協会理事長手塚康弘さん、住宅弱者の居住支援に注力

 このほど日本地主家主協会の理事長に就任した。協会は1981年に手塚理事長の父親、故手塚進一郎氏が地主や家主の不動産に関わる諸問題の相談を受ける団体として設立した。  父が協会を設立したため不動産に興味があり、明治大学農学部を卒業後に大手住宅メーカーで働いた。東京南部のモデルハウスで勤務した後、不動産鑑定士を目指し鑑定士事務所で勤務し、見事合格した。それから信託銀行で法人や個人の不動産有効活用に8 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月25日