不動産証券化

その他

いちご東証上場目指す、太陽光ファンド設立へ、9月に社名変更

 いちごグループは、インフラファンド市場への上場に向け、太陽光発電資産に特化した投資法人を設立する準備を開始すると発表した。オフィス、ホテルに続き、東京証券取引所上場を目指す。現在運用する2つのJリートの実績を基盤に、投資主価値の最大化を進める。  同グループは12年に太陽光発電を主軸としたクリーンエネルギー事業を立ち上げ、事業拡大を進めてきた。現在、全国で26の太陽光発電所(約44メガワット)を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月25日