その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(1087)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、入札23本、40億円超で落札相続税評価額4倍の超高額、八丁堀の築51年、14階建てビル

 競売の入札価格は期間入札であるため、競争相手の入札価格は推量するしかない。どうしても落札したい場合は、売却基準価額に思い切って大きな上乗せを施さねばならない。3月10日開札では、東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅徒歩約3分に立地するビルが最大級の上乗せ率で競落されていった。その物件は土地が南東で幅員18メートル、北西側で幅員6メートル、南西側で幅員4メートルの3方で接道する約221坪である。建物は築 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月18日