その他

連載

不動産投資家のための知って得する税金塾、116、広大地評価否認された裁決事例、近隣地域の標準的な利用形態で判断

 広大地とは、(1)その地域における標準的な宅地の地積に比べ著しく地積が広大な宅地で、(2)戸建分譲開発を行うことが経済的に最も合理的な開発行為であり、(3)開発行為を行うとした場合に公共的施設用地の負担が必要と認められる宅地をいう。広大地は、標準的な宅地に比べ利用価値が劣ることが多いため、財産評価基本通達にて評価減の規定が定められている。ただし、広大地に該当するかどうかの判断は難解であり、評価減 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月18日