不動産流通・売買・仲介, 統計・データ

その他

小規模の価格上昇が顕著、首都圏の戸建住宅東京カンテイ調べ中古23区で1億円超え

 東京の戸建住宅は新築・中古、規模を問わずに価格上昇が顕著になってきた。東京カンテイの調べによると、特に1都3県(東京・神奈川・埼玉・千葉)で土地面積20坪程度の新築の小規模戸建ての値上がりが目立つ。3月の首都圏平均は3991万円(前月比1.7%上昇)と土地面積が100~300平方メートルの一般的な新築戸建てに比べて15.8%高い。  東京都の平均は4968万円(同1.4%上昇)と続伸。23区は5 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月18日