開発, 賃貸管理, ハウス・住設

1面トップ

東南アジアに本腰、経済成長続く市場に相次ぎ拠点

 住宅・不動産各社は東南アジアでの事業に本腰を入れる。以前のようなプロジェクトへの資本参加ではなく、現地に法人を設け継続的に事業を行う企業が増えている。住宅メーカーの中には現地に工場を設けた企業もある。全域で6%前後の高い経済成長が続き人口も増加しているため、長年にわたり住宅などの需要があると各社判断した。現地向けの住宅や商業施設開発だけでなく、日本からのさまざまな分野の企業進出も相次ぎ、駐在員向 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月18日