開発

その他

伊藤忠都市、学生寮開発に参入、初弾は武蔵小杉350戸

 伊藤忠都市開発は、学生専用住宅事業に参入した。少子化が進む一方で地方から都市に流入する学生数は安定し、留学生の増加も予想されることから、安定的な需要が見込めると判断した。  学生寮の市場ストックは築古物件が多く、機能・設備面でニーズに対応していない。学生や地方の親世代のニーズを調査の上、大学や企業採用担当者が求める学生生活に必要な住まい像を探り「コミュニケーション力と国際性を育む住まい」をコンセ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月11日