その他

連載

先端を読む(436)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、建物に存在感、充実の共用施設、住友不動産「DEUXTOURS」、現物見せる販売手法も効果的

 3月に建物が竣工したDEUX TOURS(ドゥ・トゥール・住友不動産)を見てきた。  建物に入る前に驚いたのは、建設地・勝ちどきエリアの変貌ぶり。この1年、2年でエリアの印象は大きく変わった。かつては「味気ない倉庫街」の臭いが強かった。しかし、今は街路樹が育ち、人通りが多く、活気と潤いが増している。小さな子供連れた家族連れの姿も目立ち、住宅エリアのイメージが強くなったのである地上52階建てのツイ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月11日