その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(881)、ハウジングライター・藤原 利彦、リフォームすると賃料アップはいくら?、許容額は1500円、実施しなければ5000円減額

 賃貸住宅の空室対策はリフォームしての魅力度アップが有効といわれる中、リフォームしても許容限度額はせいぜい1500円程度という興味深い調査結果が発表された。  これは大東建託と明海大学不動産部が昨年9月から共同で研究している「不動産賃貸物件の経年減価を考慮したポートフォリオ・マネジメント研究」の一環として首都圏(東京特別区・横浜市・さいたま市・千葉市の年齢20~50代の賃貸住宅居住者4500人にア ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月11日