その他

連載

駅前不動産屋奮闘記、出口地所・出口 和生、語学学習

 「英語を話せなければ」という強迫観念に取り付かれている人も多いと思いますが、私もその一人でした。とはいえ、街の不動産屋として35年ほど働いていますが、英語が必要になった場面は“ほぼ”ゼロでした。英語をマスターする暇があるなら、少しでも不動産の知識を増やしていく方が、実務的にはずっと役に立つはずです。  ただしインバウンドを取り込み、外国人に日本の不動産を売ったり、「国際民泊」で部屋を貸したりする ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月11日