その他

余滴

【余滴】高校2年生まで父親の社宅に住んでいた。

 北海道室蘭市の桜の名所とまでは言えないが、春には多くのソメイヨシノが咲き誇る場所だった。昭和初期に建てられた木造平屋建ての長屋風。3方向を軒が覆い、相当に良く言えばレトロモダンな建物だ。今、思うとである。住んでいたときは地獄だった。石炭ストーブが茶の間と台所にあるが、それだけでは冬は暖まらない。家にいるときは、ちゃんちゃんこ必須。寒がりの父親は丹前をズルズルと引きずっていた◆そんな社宅での一番の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月11日