開発

その他

首都圏強化、今期供給は800戸、阪急不動産

 阪急不動産は、首都圏でのマンション事業を強化している。4月1日付けで組織を拡充し、首都圏事業部を首都圏マンション品質管理部、同事業企画部、同事業推進部に再編し、阪急阪神ホールディングループの成長戦略である「新たなマーケット開拓」の一環。  16年上期は、最高峰ブランド「ジオグランデ」を首都圏で初めて投入する(元麻布計画、19戸)ほか、南青山(25戸)四ツ谷荒木町(131戸)、四ツ谷三栄町(61戸 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月11日