開発

その他

地下鉄駅をバリアフリーに、周辺と一体で「まちの顔」整備、東京メトロ地権者・開発者を公募

 東京メトロは、地下鉄駅周辺の地権者などと連携した鉄道施設整備を始める。駅周辺で建て替えや開発を検討している地権者や開発者を公募し、駅のバリアフリー化を進めるとともに、駅周辺の発展にも役立つ“まちの顔”を整備する。  初弾として公募を始めたのは千代田線赤坂駅と日比谷線茅場町駅の2カ所。既存のエスカレーター・エレベーターなどから範囲を限定する。  駅との接続を前提にした提案を募集し、両者の協議で双方 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月11日