その他

連載

民泊革命、第12回、仲介サイトも花盛り、旅行業許可や海外規制など課題

 3月29日に台東区議会は、フロント設置を義務付ける条例改正案を可決し、実質的に区内の民泊を締め出す一方、翌30日官邸は「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」を開催し、民泊サービルのルール整備等の施策により2020年に4000万人の訪日観光客を目指すとした。簡易宿所の許可条件が緩和される4月を迎えたが、相変わらず、混乱気味だ。 ■Airbnb以外にもある仲介サイト  今のところ、外国人観光客 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月4日