その他

連載

中古活用の新潮流、~循環型市場を目指して~、富士通総研経済研究所上席主任研究員米山秀隆、8中古市場の将来性、把握と支援で空き家深刻化を防げ

 これまで述べてきたように、近年、新たに現れている中古住宅の取引モデルにはさまざまなものがある。空き家を含む中古住宅を安く仕入れ、改修して再販売する買い取り再販はその代表である。ハウスメーカーが自社施工物件の履歴情報を蓄積し、中古として価値を持たせて流通させようとする取り組みや、電鉄会社が沿線の住み替えを促進させる取り組みは、自社施工物件や自社沿線の範囲内で良質な住宅を循環させようというものである ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2016年4月4日