賃貸管理, 地域業者

特集

【賃貸特集/激動期を迎えた賃貸住宅市場】高齢者住宅/入居率アップへカギ握る/経営安定に寄与

 現在、賃貸住宅が苦戦しているのは、これまで入居者として重視していた若者の減少が影響している。賃貸入居の新規重要を作り出してきた若者の総数は今後も減少し続ける。増えるのは高齢者人口。高齢者向け賃貸を本気で考える必要があるだろう。\n 日本の総人口は、4年後の07年に1億277万人とピークを迎え、以降、順次減少すると予測されている(総理府統計局)。出生人口が減少し続けているためであり、今後も増えると ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年4月1日