ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(299)/非住宅分野を強化する積水ハウス/アパートに過剰感/ロードサイド建物で追撃

 積水ハウスは03年下期からこれまでの縮小均衡から拡大均衡戦略に転換。中高級路線から中級路線へシフトを強めている。拡大成長の目標は年5%成長であるが、04年上期からはロードサイドビジネスの非住宅分野に進出する方針を打ち出した。\n 同社は大和ハウスが経営多角化戦略を進め、流通店舗事業、観光事業、ホームセンター事業などを手がけているのとは対照的にかたくなに住宅事業とその周辺事業に固執して1兆円企業を ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年4月1日