ハウス・住設

その他

天然木の床が特徴の戸建て/イノスグループ

 住友林業と全国の工務店330社からなる家づくりネットワーク「イノスグループ」は18日、開放的なリビングと天然木の床が特徴の「素mi家(すみか)」を発売した。\n 天然木の内装にこだわり、床材には杉や赤松の無垢材を使用した商品。\n また、リビングを「家族の広場」と名付け、勾配天井にすることで高さを確保するとともに、帰宅した子供がリビングを通って自分の部屋に入る動線を計画した。\n

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年4月1日