その他

連載

Why not?(183)/「失うもの」/無担保債権の回収は債権者主導で進まない

 一方で「失うものがない者は強い」、「守るべきものがない者は恐ろしい」と言われ、他方で、「守るべきものがある者は強い」、「守るべきものがある者はここ一番で力を発揮する」と言われる。\n 後者の例として、一家の大黒柱として、身を粉にして仕事に励む人のことが頭に浮かびます。前者の例としては、いい例では、チャンピオンに挑戦するボクシングの若き挑戦者が、悪い例では犯罪者が頭に浮かびます。\n 裁判において ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年4月1日