その他

社説

【社説】日本の土地は誰のものか

 最近、大手鉄道会社が不動産取引で総会屋に多額の利益を提供した事件が連日大きく報道された。事件の詳細・背景は捜査の結果を待つしかない。しかし、利益供与の手段として使われたことにより、「土地」のイメージが悪くなったことは確かで残念だ。\n 土地が最も注目されたのはバブル経済期だろう。投資の対象として扱われ日本の経済を活発化させたが、同時に今日まで続く景気低迷のきっかけともなった。住宅・不動産業界を見 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年4月1日