賃貸管理, 地域業者

特集

【賃貸特集/激動期を迎えた賃貸住宅市場/定期借家制度】

【入居者本位の時代/管理の重要性さらに高まる/空室率の圧縮を目指し/慣行(礼金 敷金)が消えて行く】\n\n 賃貸住宅市場の入居者確保競争が激しくなっている。それに伴い、以前から当然だと思われていた“慣行”の見直しが急速に進んでいる。慣行とは、礼金、敷金、仲介手数料、原状回復費用などである。地価の低迷により売買が減少し、賃貸を重視しようとしていた地域業者にとって、賃貸仲介に関連する収入の減収につな ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年4月1日