開発, 統計・データ

その他

23区ビル需給動向/空室率が大幅改善/森ビル調べ/04年以降は安定

 森ビル(森稔社長)は、03年12月時点でのオフィスビル需給動向についての調査結果をまとめた。対象は、86年以降竣工した東京23区の事務所延床面積1万平方メートル以上の大規模オフィスビル。\n 03年の23区内の大規模オフィスビル供給量は216万平方メートル。86年の調査開始以来、最大となった。04年については、03年の約57%の123万平方メートル程度になる予定。04年以降(08年まで)の供給量 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月25日