その他

連載

Why not?(182)/契約自由の原則(2)/安易な消費者保護に楔/民法の大原則を再確認

 先週、原状回復義務に関する東京地方裁判所の平成12年12月18日の判例を紹介いたしましたが、その判例の具体的事案は、「賃借人は、マンションの一室を賃借し、22万5000円の敷金を差し入れた。本件賃貸借契約の契約書には、賃借人は、建物明け渡し時に、畳表の取り替え、襖の張り替え、クロスの張り替え、ハウスクリーニングの各費用を負担する旨の特約が付されていた。本件賃貸借契約が終了し、賃借人が建物を明け渡 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月25日