ハウス・住設

その他

【遊休地活用で“街”を作る―土地の有効利用特集】住宅各社の賃貸商品/外観、設備、間取り…厳しいニーズに対応

 「賃貸住宅は供給過剰。明らかに入居率が下がっている」―最近、賃貸管理会社からこのような声をよく聞く。\n これまで、賃貸住宅は作れば自然に満室になる状態が続いていたため、資産活用の有効な手法として土地所有者に選ばれてきた。それらの物件の中には質において劣る物もあったが、それでも入居者集めに苦労することはなかった。\n しかし、供給物件が増えたことに加え、賃貸永住志向者が増えてきたことなどから、借 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月25日