ハウス・住設

その他

【遊休地活用で“街”を作る―土地の有効利用特集】超高齢化社会迎え需要が急速に拡大/介護施設に注目集まる/住宅各社が取り組み強化

 日本社会の高齢化率が上昇し続けている。あと20年もすれば、国民の3人に1人は65歳以上という状況を迎える。そこで、行政は高齢者のための住宅、介護施設の供給・整備に力を入れており、当然、その建築請負は住宅会社にとってビジネスチャンスとなる。まだ手探りの分野ではあるが、着実に実績を積み重ねている企業もあり、今後の各社の取り組みが注目される。\n\n\n■介護保険法を活用/グループホームに力を入れる\ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月25日