その他

社説

【社説】若年層の能力向上支援を

 増加する無業者やフリーターが社会問題としてクローズアップされている。若年失業・無業者は100万人、フリーターは200万人に達すると言われており、団塊の世代の年金を支えていく世代として、その労働力の低下が将来の社会不安さえ引き起こそうとしている。作家・村上龍氏が著した仕事の百科全書「13歳のハローワーク」という書籍がベストセラーになるなど、若年者の就職に対する関心の高さを裏付けている。\n そもそ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月25日