不動産証券化

連載

J-REIT Andlyzer/分析・J-REIT銘柄(4)/日本レジデンシャル投資法人/パシフィック・インベストメント・アドバイザーズ 山内 章社長に聞く/高品質リース戦略で資産規模を4倍増へ

 東証J―REITに初の住宅特化型ファンド、日本レジデンシャル投資法人が上場した。不動産を保有するオリジネーター(資産提供者)背景を持たないのも同銘柄の特徴で、これまで日本にはなかったタイプのJ―REIT銘柄だ。同投資法人の資産運用会社、パシフィック・インベストメント・アドバイザーズの山内章社長に今後の戦略を聞いた。(大沼 雄次記者)\n ―J―REITで初の住宅特化型ファンドです。なぜ住宅なので ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月25日