地域業者

連載

駅前不動産屋奮闘記/3センチ四方のパソコンの頭脳

 パソコン教室で、パソコンの組み立てを行いました。パソコンの頭脳であるCPUは、3センチ四方の薄っぺらな板でした。これがあの複雑な機能をこなす本体かと思うと、なんだか信じられない気もしました。\n 私は30年ほど前、ある大手の不動産会社に就職したのですが、そこには「電算室」というひとつの課があり、大きなフロアにコンピューターが鎮座し、10名ほどのスタッフが働いておりました。多分その時のコンピュータ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月18日