その他

連載

Why not?(181)/契約自由の原則(1)/自己意思による契約は拘束されるのが大前提

 建物賃貸借契約における建物の経年劣化・通常使用に伴う損耗について、民法の建前は、これらの損耗に伴う経済的負担は、賃借人が賃貸人に支払う賃料によってまかなわれるとの前提に立っています。\n もっとも、この建物の「経年劣化」「自然損耗」というものは、現実的には、建物賃貸借契約の基礎とも言うべき建物の躯体部分、すなわち、建物の外壁面、屋根、廊下部分、階段部分、配管設備、エレベータ部分から、実際に入居者 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月18日