不動産流通・売買・仲介

その他

第2四半期業績、賃貸好調、空室3%に、森ビル

 森ビルは、主力の賃貸事業が好調だったものの、前年同期に計上した虎ノ門ヒルズの住宅分譲の反動などで減収減益した。  オフィス空室率は3%、住宅空室率は6%と高稼働が続く。賃料は全体で5%程度上向いた。商業施設は増加するインバウンドニーズを取り込み、ヴィーナスフォートの免税売上高が約5倍になるなど好調だった。施設営業も好調に推移し、ホテルは客室稼働、宴会とも増収した。  通期は、期初予想の通りで、営 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年11月30日