開発

その他

機能低下予防体操、シニア住宅に導入、東急不動産

 東急不動産は、10月29日に学校法人順天堂と締結した包括的連携協定に基づき、シニア住宅とフィットネスクラブに順天堂大学の知見を活用したロコモ予防プログラムを導入する。  筋肉や骨、間接といった運動器に障害が生じて「立つ」「歩く」といった機能が低下するロコモティブシンドロームを未然に防ぐため、シニア住宅「グランクレール」で順天堂大学が監修するロコモ予防体操教室を毎週月~金曜日の午前中に開催する。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年11月30日