その他

連載

取引紛争の事例と解決(210)、(一財)不動産適正取引推進機構、騒音・振動被害で賃料一部しか支払わず、賃借人に契約解除と支払いを請求したい、賃貸人の請求を容認、総合的に考慮し慰謝料算出

 【苦情の内容】  Xは、所有するビルの4階部分を居住用としてYに賃貸していました。  平成20年8月、Xはa社との間で、本件ビルの地下1階部分をライブハウスとして使用する目的で賃貸借契約を締結しました。  Yは、平成21年12月頃、Xに対し、本件ライブハウスから騒音や振動が生じて生活に支障を来しているため、本件騒音等が皆無になるよう防音工事等をするよう要望しました。  その後、a社はXの申し入れ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年11月23日