賃貸管理

その他

高齢者など配慮で、専用営業車導入、東急リバブルが29店で

 東急リバブルは、高齢者や障がい者、子ども連れの顧客などに配慮して売買仲介店舗の一部にミニバンの営業車を導入する。同社の仲介で不動産を売買した消費者のうち、高齢者と子育てを合わせた層は売却・購入ともに約7割を占めている。こうした状況を受けて首都圏、関西圏、札幌、仙台、名古屋の29店舗に順次導入する。  営業車は、高齢者や妊婦が乗りやすいよう両サイドにハンドレールや補助ステップを設置している。障がい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年11月23日