賃貸管理

その他

積和不動産/入居率アップに注力/特約店との連携を強化

 積和不動産の山林高明社長は、今期(05年1月期)の経営方針について、「賃貸市場は、入居者主導に変化しており、入居者ニーズに対応することが重要」として、MAST特約店の見直しと連携強化、入居者を対象としたポイント制度「MASTクラブ」の拡充などを図る考えだ。来期をメドとする「連結売上高1000億円、経常利益50億円」の達成に向けては、定期借地権事業の寄与度が高いとし、同事業をさらに拡充する意向。\ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月18日