分譲

その他

藤和「はるひ野」/小田急沿線初の350戸超PJ

 藤和不動産は3月下旬、「リーデンススクエアはるひ野グランファーストシティ」を発売する。同物件は、都市基盤整備公団が小田急多摩線沿線でプロデュースする新開発エリア「黒川はるひ野」のマンション分譲第一号。\n 京王相模原線若葉台駅徒歩5分、平成16年度中に開業予定の小田急線はるひ野駅(仮称)からも徒歩4分。敷地面積1万6566平方メートル、総戸数358戸、販売総戸数は352戸。地上7階地下1階建て、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月18日