ハウス・住設

その他

旭硝子「セキュレ」が販売好調/一般消費者にアピール成功

 旭硝子の防犯ガラス「セキュレ」の販売が好調だ。一時期は売上高が毎月5割ずつ増え続け、平成15年度の売上高は前期比3倍強の8億円だった。盗難お見舞い金制度を設けたことや、販売体制を再構築したことなどが功を奏した。\n\n\n■売上高が前期比3倍強に\n\n 旭硝子が盗難お見舞い金制度付防犯ガラス「セキュレ」を発売したのは平成13年8月。販売体制の再構築や一般消費者へのアピールを狙った商品だ。\n  ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月11日