不動産流通・売買・仲介

特集

【特集】短期賃貸借制度の廃止で変わる競売/競売不動産の流動化が進展

■法改正で仕組み複雑化/最低売却価額の再考必要/現況評価のチェック機能も\n\n 長引く不況による資産デフレの影響から、活発な動きが続いている競売市場。短期賃貸借保護制度がこの4月から廃止され、競売市場のさらなる活性化も見込まれる。同制度廃止など、法改正による影響と、今後の競売市場の展望を、10年にわたり「東京地裁競売物件開札トピックス」を本紙に連載中のワイズ不動産投資顧問・山田純男代表に語っても ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月11日