その他

連載

社長の素顔(29)/北澤商事・北澤 艶子/下町育ちの人情家は純粋な人/元気で活発な子供時代/「感謝の気持ち」で一杯

 取材中に、何度か北澤艶子社長の携帯に電話がかかってきた。その話し振りはまるで人生相談にのっているようだった。そうした気遣いが家主さんやお客さんとの強い絆をつくる。時代やお客さんのニーズ変化には敏感。「うちのコンピュータソフトはびっくりするくらいのレベルですよ」と語る北澤社長だ。(菊池宏記者)\n\n 「今日は『社長の素顔』の取材ということなので、素顔のままで来ました」。のっけから明るく笑いながら ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月11日