その他

余滴

【余滴】

 首都圏では14日に春一番が吹いた。春一番の定義は、立春から春分の日の間、日本海で低気圧が発達、南寄りの8メートル以上の強風、強風により気温が上昇する―というものだそうだ。その後もここ2週間で何日か強風に悩まされる日々があり、風による被害も出ている。早春の香り漂い始めているものの、安閑とはしていられない▼今年の春一番は、昨年より18日早く、ここ10年では最も早かったという。あちらこちらから、開花の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年3月11日