不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】重要事項説明のIT化、IT導入に依然、温度差

 物件取引の際に宅地建物取引士に対面を義務付けている重要事項説明(重説)をIT技術によって非対面でも可能にする社会実験に注目が集まっている。これを受けて不動産会社向けに重説IT化に対応したサービスを相次いで開発・提供している。実験中にサービスの強みをアピールして自社商品を利用する会社を発掘したい考えだ。一方で、不動産業界は依然として慎重姿勢を崩していない。 ●相次ぐ対応サービス  国土交通省のガ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年7月27日