その他

連載

弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(189)、経済事情の変動による家賃減額請求、段階的増額特約あり、簡単には認めず

【はじめに】  A大学を運営するA学校法人は、昭和57年に創立100周年を迎え、老朽化した会館を建て直すことを決定した。  平成元年9月、A大学はY信託銀行と新築建物の賃料収入で建築費を賄うスキーム(平成元年スキーム)を策定。平成3年4月、Y信託に敷地を信託譲渡し、Y信託が建物、会館を建築するなどの信託契約を結んだ。  ホテル事業を営むB社は、平成元年12月、Y信託とホテル出店覚書、平成3年3月、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年7月27日