その他

連載

弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(188)、弁護士会の転居先紹介を拒絶、不動産事件の実務に重要な判決

【はじめに】  X1は、未公開株の購入として金銭をだまし取られたとし、Bらに訴訟を提起し和解したがBらは履行しない。そこでX2弁護士会所属の弁護士Aに強制執行を依頼した。  A弁護士はX2弁護士会に対し、Bの転居先などついて、弁護士法23条の2第2項に基づく照会を求めた。X2弁護士会は、右申し出を適当と認め、日本郵便Yに対してBの転居先などの照会をしたが、Yは解答を拒絶した。  X1とX2は、本件 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年7月20日