不動産流通・売買・仲介

その他

アットホーム調べ売買当事者のキモチ、中古住宅立地で決める、売却の満足度は約4割

 アットホームは7月9日、「中古物件の売り手と買い手のキモチ」を調査してまとめた。  5年以内に首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の自宅を売却した295人と、中古住宅を購入した386人を対象に調べたところ、購入時に「新築と迷った」人は35.8%で、半数以上が迷わずに中古を購入したことがわかった。買いの理由は「立地」が最も多く34.7%だった。  購入後にリフォームした人は50.5%と半数を占め、購 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年7月20日